読み
万葉よみ 現代よみ
しきみ 樒(しきみ)

ふり
がな
おくやまの しきみがはの なのごとや 
しくしくきに こひわたりなむ 
大原真人今城

意味
山の「しきみ」の花の名のように、「しきりにしきりに」
あなたを恋い続けることでしょうか

  万葉集にはこの歌のみが詠まれている

樹木
解説
シキビ、コウノキ、ハナノキとも
 呼ばれる。木理はやや粗。比重は0.67。高さ10m。直径30cm。散孔材。心材は淡紅褐色、
 辺材は黄白色。心辺材の境界はあまり明瞭ではない。強さは中位だが、比較的硬い。清楚で
 美しい木味を持つ材としては代表格。程度ので、枝葉に一種の香気がある。

関連
世界の木材 シキミ
木偏百樹  しきみ

出展
巻20-4476