国際花と緑の博覧会関係

数多くの屋外用木造施設の工事を致しました。


政府宛 産業技術棟のトラス材
を納入しました。
和歌山の杉を利用。
精密な加工技術を要し、
同じような部材ですが、約3000
種類の加工を行いました。
政府宛のトラス材、加工と納材 材質は和歌山産の杉
国際花と緑の博覧会では上記のウッドデッキを施設提供しました。

フジグループパピリオン
グリーンミュージアムにて
丸太展示、室内工事、
会期中の商品販売、イベント
企画などを行った

その他会場内、数多くの施設を
企画提案施工しました。

ショップ とにかくよく売れた。

左は樹齢600年のダクラスファーの展示 この現物は中川木材産業の応接テーブルになつている。


 国際花と緑の博覧会 山すその辻 デッキ 材質;米松 防腐処理