ウッドデッキの施工評判ウッドデッキキット木矢板木材情報検索pageへ
相互リンク募集・お問い合わせ 

 大阪青年会議所 理事選挙 立会演説会 テーマ

青少年教育委員会の中川勝弘です
皆さんも海外へ行かれる事が多いと思いますが、あとから又 その町に行きたいと思った事があると思います。
私は以前インドネシアのポンティアナックと言うところに行きました。
西カリマンタン最大の町ですが道路は悪く、まともなホテルもなく、 公衆電話はもとよりナイトクラブもありません。
それどころかトイレットペーパーもなく、トイレの度に 「なんで日本人の俺がこんなみじめなことをしなければならないんだ」 と思いました。 何べんも自らの手で運を掴みました。 そんな町ですが無性にその町へもう一度行きたいのです。


始めてこの町にひとりで着いた時言葉も右も左も解りませんでした。
恐る恐る人に道尋ねたら、目的地までつれていってくれ、ホテルの ボーイは仕事外で町を案内してくれ、近所の小さな子供達は まだたどたどしい言葉で私に「サトウ-ドア-ティガー」(1.2.3の事) と数字の読み方を教えてくれたのです。
魅力ある町と言うことを考える時、いつもこの町の事を思い出します やはり町をひきつける魅力は単にその町が、景色が奇麗だとか、建物 が立派だとかよりもその町の人といかにコミニュケーション したか、どのように受け入れられたかによってその町のファンに なるか、ならないのかの違いが出て来ると思います。


今の大阪を考えてみますと、はたしてどうでしょうか、 たしかに国際都市をめざす、大阪にふさわしい器は少しずつ出来て 来ています。しかし日本で一番、せっかち町ではないでしょうか 心に余裕があるでしょうか、ギスギスして他人の事をかまっている暇 はないようです。
いままで以上にもっと大阪が他の町の人から、世界の人から、又大阪 に行きたい、と言ってもらうようになるには受け入れる大阪の 人の心を向上せねばならないと思います。 そういう大阪を作つて行きたいと思います。

木の情報発信基地
なかがわかつひろのページ
個人の主張
インドネシアの想い出日本の巨樹・巨木
父 藤一の追悼集