ウッドデッキの施工評判ウッドデッキキット木矢板木材情報検索pageへ
相互リンク募集・お問い合わせ 

これからの木材経営

中川木材産業株式会社 取締役社長中川勝弘
今ほど、真剣に経営に取り組まなければならない時代はなかったのではないでしょうか。
特に私達の木材業界は後に述べる理由から、時代の波に乗るようにしなければ、他の産業 から押しつぶされてしまうような気がしてなりません。
では、木材関係の経営者はどのようなことに注意しながら経営をすればいいのでしょうか。
各々の業界固有の戦略は別として、私が考える共通することを3つ述べます。
1、「感性豊かな気づき」、2、「情報化」、3、「願望」。
「感性豊かな気づき」これには、まず世の中の流れを捉える能力が必要です。いくら今売 れるいい商品を持っていても、優良得意先を持っていても、この感覚がなければ、時代に 取り残され気づいた時には事業の転換が出来なくなってしまう恐れがあります。時代のサ イクルは急速に早くなり、木材業界人が感じているスピードは、はっきり言って遅すぎま す。そして気づきは、俗にいう問題意識です。経営というのは、様々な問題が出てきてそ れを解決しながら、プラスの方向に持っていく、そしてまた問題が出てきてまた解決する。 この繰り返しであり、永遠に続くゲームのようなものです。些細な事でも気がつかずにお れば、スピード化されたこの時代には、命取りになることも十分にありうることです。 では、感性と気づきはどのようにして他の進んだ業界人と同様に得ることができるのでし ょうか。まず業界人だけでなく、企業文化の違う異業種の経営者、年齢が大きく違う若い 人との交流などから得ることができます。もちろんマスコミからの情報集も重要な手段で す。また、猛烈に勉強をしたあと、心からの反省、気分が高まったときなどには、問題点 やあるいは反対に感謝すべき点がいくつても出てくるものです。このようなときに思うこ と、考えることを自分に癖付けることです。理詰め解釈ではなく、常に物事に動物的な意 識もつことで、体得できるものです。しかし、感性も気づきも、鋭いよきブレーンを持つ ことです。
次は、誰もが重要と思うことの「情報化」です。近い将来この情報化が会社業務、特にス ピートとコストダウンの2つにおいて他社(同業や他の業種をも含め)との競争対して勝 てるかどうかの決め手になると思います。
スピードは商いの情報収集と商いや会社としてのアイデンティティ情報の発信に大いに関 係してきます。これの一番の手段がインターネットです。インターネットは単なる流行で も、個人趣味でもありません。いままでになかった情報とコミュニティの双方向意思媒体 です。
また、コストダウンはデシタル化によってもたらされます。この点は実際に業務を体験し なければ、理解できにくいと思います。「たかが文書を保存することがそんなに効果があ るのか」というように思われますが、私達のビジネスでは木材や木製品などのモノはたし かにデシタル化はできませんが、もの以外の業務関係ではほとんどがデシダル化の対象に なっています。
たとえば、企画開発にかかわるコンセプトづくり、ネーミング、イラスト、広告版下、カ タログ作成、企画提案プレゼンから得意先担当者とのコミュニケーション、仕入先との連 絡、図面の作成、在庫管理、伝票の記帳から始まり商品代金の回収、銀行との連絡、商品 配送手続き、また社内業務では各種帳簿、知識データーベース、ファイリングなどです。 どれも手作業では出来ないこと、つまり文字のデジタル化だけではなく、写真、音、映像 などが同時に処理保存分類がおこなえ、一度保存すればその利用対象を変化させて再利用 できるのです。そして再利用は基本的にコストはゼロとなるのです。そして再利用また再 利用の連続で結果的にコストダウンと同様の効果になります。
さらに、人と人とのコミュケーションでは相手を認めるという行為が重要になりメールや テレビインターネット(テレビ電話)その他の様々な手段が現れてきますが、みんなが同 じ手段では差別化はできず、ここでどれだけデジタル化した資産を持っているか、利用で きるかによってそれらの手段が有効になってくるのです。そして今、これらのデジタル資 産を有効的に利用することが経営者に必要なことです。
しかし、すべてデジタル化できるわけではなく、最終的にはホモサピエンス-サピンスで ある私達の情報化戦略や、コミュニティ手段の究極は会って話しをすることも忘れてはな りません。
最後に「願望」ですが、会社や事業を継続したい、赤字を出さない、社員とその家族を幸 せにしたい。いい仕事をして社会から評価を得たい等と誰でも計画段階とか、年初のとき 等に思います。しかしれだけではダメで、いつでもどこでも、寝ても覚めても思い願い考 えつづけ、夢の中にまで考え続けるぐらいにならなければなりません。今も昔も経営者に とって一番大切な事です。
木材業界について、もっと大きく地球規模で考えると、現代の一番すばらしい自然素材に 携わる業界です。なぜなら、もっとも環境負荷の少ない自然素材は木材だからです。また、 地球全体の環境と現代文明の維持としてのキーワードは森林であり、その効果的な維持を するための産業として、林業があります。これらのことはもう常識として多くの人に受け 入れられています。このように私達をとりまく環境は、私達の会社の経営理念に入れても 何の違和感もなく調和できるものです。他の産業の方々が経営理念の構築に苦労されたり、 上場会社の30社近くが一見会社業務と関係無いと思われる植林事業や緑を企業テーマにを することなどを考えれば私達の業界はなんと恵まれていることでしょう。このような社会 環境の中、私達は会社の規模を問わず、事業をすればするほど地球環境に貢献しているの です。思いきり仕事ができるのです。社会に貢献するために、神は今、恵まれた環境を私 達業界に与えて下さっています。何としても会社の存続発展のためには様々な行動と努力 を惜しんではなりません。そのための第一歩はまず、「やろうという強烈な願望」です。

 
木の情報発信基地
なかがわかつひろのページ
個人の主張
インドネシアの想い出日本の巨樹・巨木
父 藤一の追悼集