木材ノート  96年新春への期待 (アンケート)

とりかく景気が悪かった。

売り上げ2/3になり、いままで一番優秀な部門であったこの部門が 一番成績が悪い部門になった。

理由は売り上げ減である リストラを敢行してやっと採算があうようにした。

景気が悪いと先に書いたが、ひょっとして消費者の経済感覚が 変わったのか、またいままでの経済システムが大きく変化したのかも しれない。

いままでのように景気が循環するのではなくこのまま 移行するような気がする。

なぜなら今までのように経済効率一辺倒 の考えが許されるはずかなく、地球や地域との共生を考えに入れなければ ならない経済理念が必要になってきたと思う。

また世界一高い賃金で の生産や流通はあまりにも消費者が求めているものとかけ離れてしまった。

木材のもつ特性特に地球環境によいということを 一般の人が理解してくれる事をのぞんでいる。

他の素材よりも木材でできたものが少しぐらい高くてもそのほうが 地球にやさしいということになるように...


木材ノート  93年新春への期待 

 十年前よりウッドクラフト(木の素材を活
かした新しいデザインの商品)の企画販売部
門を創り、全国に卸販売を致しております。

@小規模の小売店が月に一、二店は必ず店終 いするという状況になり、弊社も与信上問題 のあるお店は現金前払いという手段を取らざ るを得なくなった。

またこの十年間で得意先 層の変化があり、当初は感性の高い店が主た る得意先だったが、東京大阪の百貨店、地方 都市の店、と変化してゆき昨年は急激に木材 関係者の経営する店の比率が多くなった。

A一、東日本では限られた物が限られたコン セプトショップによって販売され、西日本で は木製品専門店によって販売される傾向にあ るが、今年は東日本の傾向が西日本へ移ると 思われる。

二、不況になれば趣味のモノは一 番に売れなくなると思いがちだがそうではな い。

人の生活には心身に潤いを与えるモノが どんな時代にも必要で、多くの人は求め続け ているのである。

それが俗に言う趣味のモノ におきかえられるのである。

現在でも個人の 感覚とモノの波長が合えば生活必需品でなく ても売れている。

ウッドクラフトは必需品で はなく、趣味のモノである。

それからいえば 極端な需要の減少増大はないと考えている。

B現実には木材関係者が木で出来た商品に興 味を持っていないのは残念です。

会社の歳暮 中元、周年記念、総会記念等の木材業界の行 事にどうして他の産業分野のものを記念品と して使うのでしょうか?もっとこだわりを持 って欲しいものです。

例えば木の名刺を使え ばどれだけPRが出来るのか理解していない 人が多すぎます。

今年こそ木材業界の人々( 役所の人も含め)が自分達の身の回りから木 製品を使うようになる事を願っています。



木の情報発信基地
なかがわかつひろのページ
個人の主張
インドネシアの想い出日本の巨樹・巨木
父 藤一の追悼集