v2.1
phyton
健康生活| 林産物活用| 育てる| 効用| フィトンチッドって| 発見は誰| 人に有益| 森林生態| 精油の抽出|

フィトンチッドを発見したのはだあれ

樹木が光合成を行うことは皆さん良くこ存じだと思います。樹木か生きていくために必要な基本的な活動で、太陽の光エネルギーを利用して炭酸ガスと水から炭水化物を作り酸素を放出します。さらに樹木は二次的にフィトンチッドなどの成分を作りだします。フィトンチッドには、昆虫や動物に葉や幹を食べられないための摂食阻害作用、他の植物への成長阻害作用、昆虫や微生物を忌避、誘因したり、殺虫、殺菌を行ったりするさまざまな働きがあります。 土に根さして生きる樹木は移動することができません。 そのため外敵からの攻撃や刺激を受けても避難できませんから、フィトンチッドを作りだし発敢することで自らの身を護るわけです。1930年頃旧ソ連のB.Pトーキン博士はこの植物の不思議な力を発見し、フィトン(植物が)チッド(殺す)と名づけました。