山小屋

山小屋といえば、現在では登山者の宿泊所を連想 するが、昔は伐出夫の泊まる粗末な小家を呼んだ。 丸木で小鼻組みをして屋根と壁を杉皮で雇った だけで、窓はつっかい棒で開閉した。図より粗末 なものであった。
小屋のなかには敷き板はない。杉葉を刻んで敷 いた上にむしろを並べ、そこでごろ寝した。
 間取りを図に示す。人数に応じて横に広くつく られた。たき火をするところには自在かぎがあり、 いつも鉄瓶が掛かっていた。夏は蚊に攻められるので煙でいぶし、冬はたき火で暖をとった。



聴人各自の権利はむしろ一枚分である。小屋の なかでは人の後ろを通ってはいけない、という暗黙 の規則があった。前の補燵の上を通らなければ ならず、補燵の上に食物を置いていて人にまたが られても文句はいえない。
 仕事がらか、縁起には神経質である。口をすべら せて縁起でもないことをしゃべり、先輩たちに しかられたものである。
伐出夫には階級があり、それによって小屋内の 座る位置も決まっていた。事業主を親方、総責任者 ・請負師を庄屋、事務員を小庄屋、庄屋代理を 予巧と呼んだ。