杉皮はぎ

昔、杉皮は貴重品であった。立ち木のまま大鉈(なた)
で三尺(90センチ)ごとに切り目をつけながら枝のある
ところまで軽子(かるこ)で登る。上部からはぎとり
破れないよう放り投げながら順次、下に降りてくる。
この作業ほ大変に危険でむずかしい。
はいだ跡がずるずると滑るため、
ひざで重心をとりながら作業を進める。
 だれが考えたか知らないが、昭和初期ごろから図の
ような引き廻り鎌ができ、立ち木を倒してからこれで
切り目を付けてはぐようになった。しかし、立ち木の
ままではいだ皮よりは、傷みが多く質がおちる。