皮はぎ

現在、機械化で伐出がずいぶん便利になったが、
以前はほとんど人力によっていた。そのなかで工
夫に工夫を重ね、伝統技術を培ってきた。伐木後
の皮はぎもその一つ。伐木を扱いやすくまた傷み
を保護する意味で、需要に関係なく材木の皮をは
いだのである。
 春から夏にかけては立ち木が水分を吸い上げており、
簡単に剥(は)ぎ棒でははぐことができるが、秋か
ら冬にかけてははぎにくくなるため削り鎌を用いる。
杉、桧、松のほか、用材として扱うときの樅、栂は
皮はぎを行うが、その他の雑木は特別でない
かぎりはぐことはなかった。