桶材

 柄(おけ)材についてふれてみょう。現在、桶類は
ポリ製品が全盛だが、昭和10年ごろまでは
木が主体であり桶材の生産がさかんであった。
 素性のよい杉を倒して皮をはぎ、よく乾くまで
そのまま置く。乾燥後、板身または呉取(くれどり)
り職人という専門の職人が約一尺八寸(約 55
センチ)に小切り、図のように大鉈で大割りする。
さらに柾目になるよう中割りし、次いで
幅2-3寸(約6-9センチ)に小割り、
厚み5-6分(約1.5センチ)に仕上げる。


仕上がった板身は図のように竹の輪に詰め
込む。これを丸(まる)という。丸のでき上がりで
職人の仕事は終わる。
 丸の運搬については、車道のあるところまで
は担いで運び出し、馬車や牛車に載せた。
車道のないところでは筏場(いかだば)まで担ぎ出し、
筏や小舟に積む。桶材生産地ではそれを積んだ
筏などが川下りする風景がよく見られたものである。