削り職人

熊野川上流では昭和20年ごろまで木材の搬送は川に頼って
いた。そのころ、比較的安価な 樅(もみ)や栂(とが)は伐採現場で余分な
ところは削って給てた。材積を減らし 搬送費を安くあげるためである。
  削(はつ)り作業には削り職人がいた。
水糸で墨を打ち大斧で切れ目を入れた後、荒削りをし、削り刃
で仕上げる。作業はむずかしく、年季がいった。このようにして
大きな角材ができる。