木挽き職人

製材工場の普及で姿を消して
いったが、昭和初期までは建築
製材を専門にする木挽(こび)き職人
がいた。
 彼らは特殊材などを山で製品
化した。特殊な大鋸を用い、挽
き方は、長材または太材は横挽
き、短材は縦挽きした。縦挽き
の場合、鋸の白重で能率よく挽
けるようになっている。少し挽
くと反対側に回って挽き、そこ
で少し挽くとこちら側に回る、
というように繰り返すと能率が
あがり、 曲がらずに挽ける。