担ぎ-担ぎ職人

昭和30年ごろまでは、材木の担ぎ出し
専門の職人がいた。戦前はもっと多く
て、といっても力の強い者でなければ務
まらないので限られるが、かなりいた。
  図のように担ぎ職人の用いる杖(つえ)は握る
ところから下方にかけて太くなっている。
長さは職人の扁の高さくらいと決ま
っていた。
 休むときは、立ち木でも石垣でもよい
が、担いでいる材木の先を図のように当
てて、扁から抜いた杖を突っかい捧にする。
こうすれば杖を軽くつかむだけで楽
に休むことができる。杖が土にめり込ま
ないように杖の先を太くするのである。