算盤修羅

修羅(すら)のなかでもとくに古い手法の一つに算盤(そろばん)
修羅がある。矢遠架線の出現で姿を消し現在ではその
名を知る人さえ少ない。80歳を超えている私自身 、
昭和初期に二度、経験したくらいで、しかもそのころ
すでに姿を消しつつあった。
 二度の経験と、そのとき先輩たちから聞いた話をもとに
算盤修羅を再現してみる。
 私が経験した算盤修羅は二度とも滝の上での出材に
従事していたときである。身体ひとつで歩くことさえも
危険なうえ、傾斜も急であり、だれの目にもふつうの
修羅や木馬での搬送は不可能にみえた。
そこで最も適した手法として算盤修羅を用いた。