木馬 

木馬(きんま)について説明しよう。木馬曳きは、あらゆる搬出手法の
代表であった。が、近年、架線やトラ ック、集材機などの普及によっ
て姿を消し、現在では見ることも少なくなった。
木馬に用いる材木は、特別な場合を除き樫とバベ(姥目樫 うばめがし)の
二種類である。バベは樫より堅く 木馬材としては最適だが、生長が
遅くて用いるまでに年数がかかる。しかも直材のとれるものが少ない。
そのためほとんど樫を利用した。寒いところでは白樺を代用する
こともあった。ふつう、大きさは長さ3メートル、幅15センチ。
厚みの下部が 4センチ、上部が3センチである。
牛木馬の場合、長さ、幅は同じだ が、厚さが6センチ、4センチと
少し厚くなっている。ほぼこのような大きさに木挽き職が挽き割り、
図のように組み立てる。



木馬は専用の木馬道を必要とする。木馬道には肋道と縦道があり、前者は勾配のない
道を、後者は急勾配をいう。また土道と桟橋に分けることもある。土道は1メートルほどの
木(番木)を横に並べて半埋めにする。縦道のところでは杉など堅くない木を地面いっばい
に埋め込む。 践橋はさらに梯子(はしご)式と敷き詰め式に分かれ、 前者は
40~45センチ間隔で番木を横に釘づけする。二本そろえて釘どめするのが理想的で
ある。敷き詰め式はすきまのないよう番木を並べて釘どめする。おもに縦道に使う。
土道、敷き詰め式の中間的なものとして片竿架け橋がある。一方が土道、他方が桟橋の
様式で、山側が掘りやすい場合などに用いる。
縦道の場合、材木を積んだ大きな荷物を人力で支えながら少しずつ下った。肋道では満身
の力で引っ張る。油筆で番木に油を塗りながら進んでいく。その苦労は並みたいていの
ものではなかった。
木馬曳きの盛んなころは、林業のなかでもっとも金儲けがょかった。というのは、雨天
は危険すぎて仕事ができず、また力持ちで足元が素軽(すがる)い、機転のきくなどいろ
いろな条件を兼ね備えた者しか務まらなかったからである。