ワイヤーの出貌

 ワイヤーロープが出回るようになると縦道ではよく利用した。下りの
場合、細いワイヤーの端を坂の上に固定しておき、図のようにそれに沿
って下っていく。木馬の梶棒にワイヤーを巻きつけて加減しながら進む
が、傾斜によって巻きづけ方を増していく。
  長い縦道ではワイヤーを二本、三本次々に引っ張っておいて順次、
架け替えながら下る。このようなことから木馬作業もかなり楽にはなった
が、それでもやはり危険な仕事には変わりなかった。


 もちろん木炭の運搬も木馬で行った。私自身、作業光景は懐かしいか
     ぎりであるが、世の移り変わりとともに知る人もいなくなり、近い将来
すっかり忘れさられてしまうのだろう。                      
 ちなみに集材した木炭材を釜場(炭焼き場)に運ぶ場合、短距離で    
   はあるが、小さな木馬を使用した。現在でも使用されているだろう。