鞍はいろいろな部分からなる。図を見ながら各部の名称と装着
の方法を述べる。まず牛の背に鞍をつけ、腹帯を締める。次
いで、首と肩の接点、ここにはカのかかる強い骨があるが、
そこに緒那鞍(おなぐら)をかけ細ひもを回してとめる。
最後に緒那鞍の両端から引き綱を引っ張って鞍返しにかける。
  準備が整うと馬子が片手に梶棒、片手に追い綱を持ち「ハイッ」
と掛け声をかける。合図と同時に牛がぐつと力を入れる。
それにあわせて馬子が梶棒を軽く繰作すると牛は楽に木馬を引
き出す。追い綱を片手に一方で梶棒を繰りながら馬子が油筆に
含ませた油を番木に塗ると、木馬は軽く滑るように進む。
  牛は休想場所をよく覚えており、そこにくると必ず勝手に止まるる。
日が暮れょうが、いまにも雨が降りだしそうになろうが、
とんとお構いなしである。しばらく休まなければ絶対動こう
としない。