道路

昭和初期ごろまでは牛馬は身近にいた。
馬車や牛車は私たちにとってなくてはならない
輸送機閑であった。隔世の感がある。
 修羅や木馬などで道路際まで運びだした木
材を、こんどは製材工場や筏の組み場まで搬
送する。ふつうこれには馬車や牛車を用いた。
荷車のタイヤは今日のようにゴムではなく、
車輪の周囲を鉄輪で巻いていた。
 道路は砂利道で、でこぼこだらけ。雨でも
降れば水たまりができて大変である。国道に
は常工夫(じょうこうふ)がおり毎日、くぼみに
砂利を入れて回った。村道の場合は利用者が
交代で補修したものである。