修羅出し

搬出手法の一つ、修羅(すら)出しをとりあげる。
修羅出しとは材木を並べてその上を滑らせて伐木を
一か所(土場)に集める手法で、昭和34、5年ごろまで
は伐出の主流であった。
修羅づくりは、周囲の状況を判断して土場または中継所
を選ぶことから始まる。そこを中心に腕を立て、腕から
腕へ竿(さお)をわたす。これを竿引きという。竿を引
きながら真束(まづか)と追い束によって固めていく。
途中、谷にかかったときは内竿を使って張り出し少しで
もカーブをなくする。
 竿引きが終わると修羅掛けになる。まず臼(うす)、修
羅を滑ってきた木材が突き当たりとまるところをいうが、
これを設定する。
適当な切り株を利用できればいちばんよい。