飛ばし線

矢遠や架線が開発されてからまもなく、だれが考え出したか定かでないが
飛ばし線という手法が生まれた。太い針金、八番線を二、三本たばねて
張り渡し、それに材木を縛りつけた木製のかぎを掛けて運ぶ、簡単な
手法である。そのさい、竹簡の油壷を前につけて滑りをよくする。終点には
草や木の皮、芥を詰めた臼を設ける。 油壷は図のような形につくる。竹筒
の節に親指大の穴を開け、布切れを入れてそこに当て種油を入れると種油が
伝って線につく。油壷は八番線の油がきれるころを見計らって装着する。