「修羅を飛ばす」


杉材の運び出しには臼や蓑(みの)を設けたが、樫(かし)など
闊葉樹ではつくらない。
杉材はだいたい溝途に沿って滑っていくが、闊業樹は飛びはねる
ように滑る。溝途を飛びだし山に当たり表返しを打って再び溝途
に入り、また飛び出すといった繰り返しである。
作業者間では「修羅を飛ばす」という。
 だから闊葉樹の修羅掛けは加定や迫りを谷いっばいに広げて材木
が飛び出してもいいようにする。また広い場所を選んで放り込みを
作り、中継所にする。こうしておいても、なかにはもんどりうって
中継所を飛び越え、次の修羅に移る材木もある。