材木の流れ

(薮抜き・迫り出し・修羅掛け)


ついで土場(修羅の終点。開業樹の搬出には臼は用いない)
を中心に、伐材の流れを追う。
伐採した材木は、薮抜き、迫り出しをして修羅
付近まで集める。修羅掛けする場所にあらかじめ
材木置き場を設定しておく。あるいはその場を
選定してから修羅を設ける。そしてここに伐材
を集めるのである。


修羅に掛けられた材木は溝途を伝って下へ
下へと流れていく。そして土場に着く。土場
に材木がたくさん入るように修羅の先端を高
くする。これを「落ち」という。打ち付け修
羅では落ちができないため、先端に奈留修羅
を設けるのである。山内の材木が土場に集ま
るわけだから、広さによってはかなりの高さ
の落ちを設けることもある。
 図の場合、土場から奥に向いた想定である。
まず落ちの高さを見通し、前述のように奈留
修羅、その後ろに打ち付け修羅を順次、設け
ていく。