(闊葉樹用)


継続的な事業所では軌(トロッコ)をよく利用した。
闊葉樹の軌を例にあげでみょう。
修羅、木馬、迫り出しなどの手法で集められた材木を
製材工場に運ぶとしよう。
まず製材工場までの軌道を設置する。軌道横には図
のように二重盤台をつくる。一段日の高さは軌と同じに、
二段目は二尺(60センチ)ほど高くする軌の荷頼みの
ときに掛け棒の勾配を少しでもなくするためである
(木馬の場合もこれに準じる)。
軌は遺距離によく用いる。木馬とちがって能率がよく、
安全性が高いからである。
しかし軌道設置には困難が伴った。他の手法では多少
の坂や肋(ろく 平坦地)があってもよいが、軌は同じ勾配
でなければならない。谷や崖を大回りするとも勾配の
変更はできない。
 もうひとつ、軌の最大の欠点は事業が終わったあと
のレールの処分である。だから軌は継続的な事業所に
かぎられた。