闊業樹の伐出


前後するが、闊葉樹の伐出について説明する。闊葉樹の生育地は原生林かそれに近い深山
である。事業主か請負師が現場に山小鼻を建て、大勢の伐採夫が住み込んで働く。とき
には何棟も建てることもある。
 作業は、立ち木の受け切り、小切り、搬出の順で行う。受け切りは重労働のなかの重労働
である。杉、檜のように矢を打ち込んで倒す方向を選ぶことはせず、多少は受けによって
倒す方向を変えることもあるが、立ち木の傾きに合わせて倒すのが原則である。
 切り倒した木は七尺(2.1メートル)から七尺二寸(2.2メートル)に小切りをする。
生産規格は六尺六寸(2メートル)であるが(パルプ材を除く)、素材には太いものや曲がったもの
があり、一定の寸法にはとどまらない。そこで四~六寸(12~18センチ)の余裕を見込む。
パルプ材を除きほとんどの闊葉樹は家具、 製函に用いる。ただ楢(なら)の直材にかぎっては
スキー用として他の材木よりも高価であり、生産量も高かった。
  ちなみに材木の計算法は、かつては一締(ひとし)め計算方式または才数(さいすう)、石数(こくすう)
の乗算、加算方式を用いたが、今日では立米(りゅうべM)方式である。