七分切り


岩山の樅(もみ)、栂(とが)、松などを用材として伐採す
る場合、早く乾くように七分切りの手法を用いる。伐採夫が
切り倒した木の皮をはぎ、規格にあわせて鋸で七分程度引き
込んでおく。
そして半年から一年かけて乾かす。その後、出材夫が残りの
三分を切り、鶴嘴を使って所定の位置に落とす。
そのさい、落ちすぎないように図にある頑強な止めをつくって
材木を止める。止めの上には小さな木や枝を敷き、衝撃を緩める。
運材は木馬が理想である。止めの下に盤台を設け、そこから木馬
に荷積みするが、状況によっては他の手法もとる。