集材


 ふたたび杉、檜の伐出にもどる。
 止めをつくらずに落とす手法に薮出し(山
落とし)、迫り出しがある。まず薮出し。材大
が乾くころ、手銀や手斧、鳶口、弁当を持っ
た出材夫が現場に向かう。弁当を予定の場所
すなわち昼どきまで作業するであろう場所に
置き、作業を始める。付近に切り倒してある
木を縦になおしながら上まで上っていき、下
に向かって迫り落とす。
 鼓出しである程度、材木が集まるとつぎに
迫り出しに移る。場所によっては簡単な修羅
を二、三枚かけて本修羅まで、または一定の
場所まで迫り出す。
 迫り出した材木は本修羅に掛けることが多