置き加定修羅


修羅は大きく5種に分けられる。撰(えら)み修羅、打ち付け修羅、この二
つが代表的であり、ほかに奈留修羅、算盤修羅、置き加定(がて)修羅があ
る。ここでは置き加定修羅をとりあげる。
図が置き加定修羅で、撰み修羅に比べ巧斜が簡単なのが特徴である。簡単
なぶんだけ設置にきびしい条件がつく。あまり曲がりがないこと、急傾斜
でないこと、長距離でないこと。以上の三点が条件になる。
曲がりがあれば運材が暴れて飛び出すし、傾斜が急だと運材に勢いがつき、
これまた暴れてしまう。長距離になると、おのずと急傾斜、曲がりの個所
が生じ、いずれも運材が暴れるのである。
もっとも適した勾配は10~15度で、水を打って修羅取りするくらいが
調子がよい。そうすれば少々の曲がりがあっても差し支えない。置き加定
修羅の場合、鼻(先端のこと)を山に向け、滑ってきた材木が山に当たりさら
に土の上を滑りながら落ち、つぎの工程に移る。この手法を放り込みとい
う。広い範囲に渡って材木が散乱するため、積み込む土場などには不向
きであり、中継地などに適している。