娯楽と休日

戦前の田舎の娯楽しいえば休日に限られていた。
お正月とお盆の五日から一週間、春と秋の彼岸、三
月三日と五月五日の節句、氏神祭りなどが、どこで
も共通の休日であった。この日ばかりは家族そろっ
て遊びに興じた。他に年に二、三回、田舎芝居の巡
業や巡回活動写真がくるくらいで他に娯楽はなかっ
た。
芝居や活動写真がくるときくと山小屋で働く若者
は、当日の仕事が終わったあと山を下り楽しんだ。
もちろん劇場などはなく、広場ににわかづくりのテ
ント小屋を建てて興行していた。ちなみに入場料は
「木戸銭」といい大人10銭、子供5銭が標準であ
る。