投げ臼


 急勾配、あるいは長距離の修羅では途
中に中継地を設けることが少なくない。
この場合、臼という連結器様の設備が必
要になる。
 ここでは代表的な臼をいくつかとりあ
げてみよう。まず投げ臼。図のように、
材木の滑る勢いをいったん緩め、こんど
はつぎの修羅へと移す。このとき、図中
①側(下方)を低く、㊥側(上方)を高
くし、材木の尻(後ろ)が振れて自然と
次の修羅に移る。
 馬子を必要としない便利な手法である。