川上臼

 三番目に川上臼について述べる。中継地、終路の適当な切り株を利用して設け、
通常、馬子が一人つく。滑ってきた材木をこの株に当てて勢いを緩め、馬子が下の
修羅へ移す(あるいは終路の場合は土場にまとめる)。
 材木がひっきりなしに滑ってくるため、馬子は重労働でないにしても、気を使う油断
できない作業である。もし材木をつぎの修羅へ落とすのが遅れると、あとからくる材木
が当たり収拾がつかなくなり、作業中断の合図「オーイ」をかけなければならない。
 無形のものを考えて見通しをつけることを日巧(めつこう)(見通し)が利く、その
目巧によってつくることを巧斜という。
図のように巧斜したものが川上日の一例である。修羅を滑ってきた材木が臼
に当たり、とまったところを馬子が整理する。積み上げた材木は、あらかじ
め分類しておき、それぞれを木馬または軌、牛事、馬車、架線、筏などの方
法で各所に運ぶ。
 臼を大きく分けると、川上臼、土臼飛び付き臼、投げ臼になり、山の状況
や地形によって使い分ける。