狩り川


人工の鉄砲水による流送を狩り川(かりかわ)という.
堰を築いて水をためた後、一挙に水門を開き、堰の
うちや川下に積み上げた材木を鉄砲水に放り込んで
押し流す手法で、水量の少ない支流など、限られた
場所でしか用いない。こうして流れ出た材木は本流
の筏組み場まで流して、筏に組んで流す。
手順としては一回日の鉄砲水を起こした後に見計らって
堰とめ、本流にたどりついた材木を筏に組み終あった
ころを見計らって二回目の鉄砲水を起こすという作業
を繰り返す。
鉄砲増水による狩り川の場合、前もって溝途をつくり、
その後に大きな石をとり除き、水の流れぐあいから
水路を見通したうえで仮堰を築く。このとき材木が
引っ掛からないよう、また流れやすくなるように手掛け
ておく。もし材木が引っ掛かり手間どるようなことに
なると、せっかくの鉄砲水が減り材木が寄り重なり、
これを「やがら」というが、後日に残すことになる。
そのため、あらかじめ溝途を築いておくのである。



堰出しをするほどでもない少量の材木を流送するときは雨水の
利用がある。晴天の間に川岸まで集材し、雨降りの増水を待っ
て流すのである。雨の日、材木主や責任者が雨のやむころや
増水量を予測しながら村人を雇って一斉に狩り出しを始める。
作業するかどうかの判断は、現場の地形を熟知したうえ、
長年の勘を要する。