アバ


筏組み場では流れてくる材木をとめなければならない。
そのさい「アバ」という手法を用いる。流れの緩や
かな淵に材木を捻(ねじ)でつなぎ、それを岸の立ち
木に固定する(図参照)。こうしてとまった材木を
筏に組みさらに川下へ運ぶ。まれに陸揚げして陸上
輸送することがある。