狩り川の旅


奈良県吉野郡十津川村を流れる甘野川は、かつて狩り川がよく行われた。
 昭和16年ごろ、それまで小さい狩り川ならば何度も経験してきた私は
ここで初めて大狩り川を体験した。
川のなかにたくさんの材木を放り込むこと一遇間、雨天の日もあったが
毎日、材木を流しながら川下に向かって進んでいく。地元の人たちは慣れた
もので、一本丸太に乗ってすいすいと川下に向かうが、私のように乗れない
者は山を越えて遠回りしなくてはならない。熟練すれば熟練するほど仕事が
楽になる、このときつくづくとこう感じた。日が暮れると仮宿に泊まり翌日
はまた材木を流すこの旅はけっこう楽しいものである。
さて、われわれが材木と流している間に目的地に先回りした先発隊が、川いっ
ばいに材木を三脚に組む。これを三機(さんき)といい、この上に石の重りを
のせて固定する。こうして流れくる材木を横にしてもたせかけ、ひと並べ
するとつぎに岸に向かって先を向け、引っ張り寄せる。そのうちわれわれ
後続の者が着き、みんな合わせての陸揚げ作業が始まる。