筏の組み方


現在は筏を見ることさえむずかしく、まして組み方を知る者は皆無に
近い。ただ北山川下流の筏下りがあるが、あくまで観光用でしかない。
森林伐出の花形、筏はおそらくこれから先、永久にわれわれの前に姿を
現すことはないだろう。携わった伝統技法が消えるのを日のあたりにし
た者の寂しさを思いながら、少し詳しく記してみる。
筏の組み方は目牙(めが)組みと鐶組みに分かれ、聞くところによると
鐶組みは比較的新しく明治末期か大正初期に生まれたらしく、それ以前、
江戸時代には目牙組みの方式をとっていたことはまちがいない。