筏のつなぎ方



筏が一枚すなわち一床組みがあると、順次二床目、三床目と
組み進んでいき、それら身つないで一乗り(一組)の筏に仕上
げるわけだが、ここでは各床のつなぎ方をみてみよう。
筏の繋ぎの要所、要所に玉固を鐶で打ち付け玉固と玉固を中稔
を通して図のように結ぶ。昔から目牙組みを基準に捻はつくら
れており、太さによって申子(細)、中稔(ふつう)、繋ぎ稔(太)
と呼びわけている。
鐶組みの場合、捻がのたり、繋ぎ、玉固によって組まれる。
のたりとは材木を並べて鐶で横に打ちつける稔をいい、中子の
ときは二本をたがいちがいにそろえて鐶でとめる。繋ぎは中捻
以上の太さを使う。
繋ぎの場合、一か所に二本の稔は使えない。二本を使っても
片利きになればその効果が失せるからである。
鐶組みの中子に限っては冬季には藤蔓をのたりに使うことが
できるが、目牙組みでは藤蔓は用いない。目牙組みは材木の太
さによって稔を使いわけ、中稔以上のものを図のように8の字
形につなぐのである。