川悪日

熊野川上流には天然の鮎や鰻、雑魚が生息 
し、漁で生計をたてる人も少なくなかった。
また、付近の子供らにとって絶好の遊び場で
あった。                              
そして夏となく冬となく毎日のように数十乗
りの筏が流れて行く。                   
 こののどかな川に「川悪日」という奇妙な    
風習が伝わる。旧暦の6月7日が悪日にあた
り、この日に川に行けば危険なことが起こる
という。漁も筏もとにかく川に働く人びとは
この日ばかりほ一切休業、子供たちも親から
いい聞かされていてだれも川遊びをしなかっ
た。このょうに川悪日の一日は、どこの川辺
にも人の姿は見えなかった。