筏の梶棒


川はつねに蕩々と流れているわけではなく、ときには急
  流になり、ときには大きなカーブを描く。こうしたとき、
筏を操る梶棒が必要になる。梶棒一本を頼りに筏を自在
に操り目的地へと向かう乗り師の姿は勇壮華麗このうえ
ない。梶棒について少しふれてみょう。             
末口7、8センチの4メートル材の本のほうを切りと  
って取り付け台にし、残りを梶棒にする。梶棒の末部 
(握る部分)は削って握りやすく仕上げ、そして図のよ  
 うに筏の先端、先床(さきとこ)に取りつける。握りの高さ
が腰あたりにくるのがもっともよい。               
ふつう乗り師は竿で梶をとるが、急流やカーブにさし  
かかると梶棒で操作する。とくに、急流から淵にさしか
かる個所、私たちは落ち込みとよんでいたが、そこで梶
棒は重要な働きをなす。というのは、落ち込みのとき先
床が波をすくって川底に入りこむおそれがあり、そうな
ると二番床、三番床、すなわち後続の筏が突出して川底
や岩に衝突するからだ。これを防ぐため落ち込みのさい
  乗り師は先床が浮くように梶棒を押さえ込む必要がある。