筏の鉄砲堰


水量の少ない川では人工堰をつくって木材を流送したが(狩り川の項参照)、
筏を流送する場合も鉄砲堰を設けることがある。構造や設備は狩り川と
ほとんど同じである。
水がたまる間に筏を組み、一定の水量になると水門を一挙に開き、ある程度
下流に満ち渡ったころを
見計らって筏を乗り出す。水よりも筏の流れが速いため、途中で筏をとめて
水待ちすることがしばしばある。