筏組み師の工夫


材木は、太いの、細いの、曲がったのと千差万別である。組み師はこれを一本、一本えりわけ組み
合わせて太さ、曲がりの整った筏を組み上げる。特別な細材の場合は、床を二重にしたうえに境に稔
をかけ、敷か所に鎮を打ち込んでとめる。こうすれば構にずれ落ちない、二重の筏ができ上がる。
乾いた稔は曲げたり引っ張ったりすると折れ、切れるので、使う前に水に潰す。それでも組み上が
った翌日、乗り師が乗りだすときこは乾いてしまうため、これらは筏竿で水をたたいて稔に水を含ま
せてから乗り出す。ひとたび流れ出た筏は川渡をかぶり、折れ切れる心配はなくなる。