縛り替え矢遠

地形や事情によっては複数の架線を設け、第一線で運ばれてきた荷物を支柱で第二線.
に縛り替えて運材することがある。これを縛り替え矢遠といい、おうおうにして第三線、
現在であれば、ふつう終点土場はトラックの積み場になっているが、昔はたいがい筏
の組み場、比較的便利なところであれば牛事や馬車の積み場になっていた。ここから製
材所へ運ばれたものである。