ワイヤーのつなぎ方 


 ワイヤーロープが足りないときはつながなければならない。つなぐときに用いる道具は
線つなぎへラとハリ、鏨(たがね)金槌(かなづち)などである。順序を図に示す。⑤までは
むずかしく独特のコツがいる。ワイヤーロープはいずれも六つ縒(より)りになっており、
芯に麻緒が入っているため、これを抜きながら代わりにワイヤーロープの端を入れるので
ある。この作業の間、他の作業員は起点、終点で鳥居を立てておき、ワイヤーロープの
つなぎが終わると本線締めを始める。