テール架線 


あまり利用価値のある手法ではないが、テール架線を紹介しておく。
架線でも矢遠でもふつう副線を必要とするが、テール架線は副線を使わない。材木を積
んだ矢形が本線を通り、空矢形がテールにかかったまま交互に戻ってくるのである。
図のかぎりでは副線なしに運材できるので一見、簡便そうにみえるが、実際は難点が多
すぎる。たとえば、返り荷物を空矢形につけられない。また、荷物のかかっている矢形は
ふつうと変わりないが、戻りの空矢形に経りがかかり、それを戻すのが大変である。そこ
で図のような「クルル」をつくり、矢形とテールのつなぎ目につけなければならない。
凰のない日は調子よく運材できるが、少し風がでると運材がテールを被るため休業する
こともしばしばである。テールを被ったときは矢遠の項で説明したように予備矢形を利用
して取り除くが、これが命がけの仕事である。
いずれの架線も多少はテールを被るが、テール架線ほどひんはんではない。