クラッチ付きの台車 


伐採した山内の状況や地形を考慮して、軸になる架線(幹線)を架設し、そこから遠く
離れた伐木は修羅、木馬、支線などで集材するが、ときどき不都合が生じる。たとえば、
架線から遠くてしかも少量、架線より下方の集材である。このょうなときは、最初から
見通しをたてたうえで起点を下げるか、それとも引き合わないとみて立ち木のまま捨て
るかの判断をする。一方で、こうしたむだや不合理をなくするためクラッチ付き台車が
発明された。
クラッチ付き台車には愼(は)め込み式と差し込み式がある。愼め込み式は、本線の作動
中にはめ込むと急激なショックがあるため、作動を一時中断してクラッチをはめ込んで
作動する。差し込みは徐々に差し込めるので作動中でも差し支えない。この手法はめった
に使わないため、出伐作業員でも知らない者は多く、これ自体、集材機の開発であまり活
用しないまま姿を消してしまった。