ブルガリア人民共和国 People‘s Republic of Buigaria

19世紀の独立運動の盛り上がりから、上から白、緑、赤の三色旗が作られた。白が平和・外国との親善、緑が農業・森林、赤が革命で流された血を表す。社会主義国となった、第二次世界大戦後には、国旗に、歯車・麦の穂・ライオン赤い星の紋章が加えられ、1946年から使用されている。また、紋章には、681というブルガリアの人々が住み着いた年と1944という、ナチスドイツから、ブルガリアが開放された年が記されている。