14.住特性 




単独ページで見る(Target New) | フレームに戻る
コンクリートやプラスチックと木材では、マウス実験でもあきらかなよう に木材利用のものが圧倒的に高い生存率です。情緒、感性だけではなく、 総合的な特性があるからこそ、マウス実験でも木材がよいということに なったわけです。
今話題になっている健康住宅はこのような木材の総合的な特徴を生かした ものです。