18.イスノキ


解説
 マンサク科。
常緑高木。 日本、朝鮮、中国に分布する。比重は0.90~1.00。直径1m、高さ20mにもなる。  年輪が不明瞭な散孔材。
日本産で最も重い材のひとつ。心材は紅褐色から紫褐色、  ときに縞状に色調の濃淡がある。  心辺材の境界はやや不明瞭。強度は国産材の中で最も強い材に属する。耐朽・保存性は高いが、重硬なだけに加工性が悪く、割裂、乾燥も困難である。ツゲ、シタン、コクタンの模擬材にもなり、家具(唐木代用)、器具、機械、建築内装材(床柱、床板、敷居など)、  楽器、薪炭などの用途がある。かつては櫛に使われていた。フローリングには最適である。
樹皮と葉の灰は「いすばい」といい、  有田焼でうわぐすりを染付ける媒材に用いられる。  良材は国有林、神社・仏閣などの限られた場所にしかない。
大阪市立大学附属植物園 2012年4月8日?
若葉
イスノキの若葉
神戸森林植物園  2013年4月28日
大阪市立大学附属植物園 2012年4月8日?
+
上2枚 大阪市立大学附属植物園 2012年4月8日?
虫こぶ
+
上2枚 2000年5月30日?