0032.ヤマウルシ


解説
ウルシ科。落葉小高木、ときに低木。北海道から九州まで、南千島、朝鮮半島、中国に分布する。葉は互生する奇数羽状複葉で、 長さ25-40cm、小葉は5-8対。雌雄異株。
円錐花序に小さい花をつけ、花後にゆがんだ肩球形の小さい石果になる。秋に美しく紅葉する。 材は環孔材と散孔材の中間で、心材は黄色。小径なので、器具、薪などのほか、まとまった用途はない。
ヤマウルシ
神戸森林植物園  2013年4月28日

ヤマウルシ ヤマウルシ
上2枚 神戸森林植物園  2013年10月14日 撮影
ヤマウルシ
 神戸森林植物園  2015年4月28日 撮影