062.ミズナラ


解説
ナラ科。
落葉大高木。
日本では北は南樺太、南千島から北海道、本州、四国、 九州と全国に広く分布する。
ブナ帯林の中で陽あたりがよく、多少乾いて いてそれでいて養分の多そうな土地に散在している。
ブナが主体の安定した 極相森林がこわれた後に出現する、いわゆる二次林の樹である。
まれに純林をなすこともあり、近年まで北海道にあった立派なこれらの林も 今まではほとんど見られなくなった。
高さ30m。
直径1.5m。
樹皮は灰褐色から 暗褐色で不規則に縦の裂け目がある。
年輪ははっきりしており、辺材は灰褐色、 心材(木の中心)はくすんだ褐色。
辺材はヒラタキクイムシの食害を受ける ことがある。
単にナラというと、ミズナラ、コナラとそれに近い種類を含むが、 ミズナラが代表的でことに木材関係ではミズナラをさしている。
花は、5月上旬に開き、花は風媒花であり雄花序は新しい枝の下につき、 黄褐色のヒモ状をなして垂れ下がり多くの雄花をつけます雌花序は短く枝の 上端部につき3-4ヶの雌花を穂状につける。
雌雄どちらも「カシワ」によく 似ている。
10月頃には、ドングリという実をつける。
ドングリは褐色で、とがっている 方の部分の色が、より濃くなっている。
穀斗はお椀形で、あわつぶのような ものが密生してついている。
長さ2-2.5㎝位の卵楕円形。
コナラが小さくて 細長いのに比べると、ミズナラは、ずっと大きくコロコロしている。
葉は、枝端に集まってつき長さ6-20㎝、倒卵状楕円形で上部は幅広く 葉先は、鈍いものからやや尖ったものもある。
上面緑色、下面は淡い緑色。
樹幹はほぼ直立し太い枝をはり出している。
柾目面から見るとナラ材特有の 髄放線が見え、これは虎班(とらふ)とか銀杢(ぎんもく)とか呼ばれている。
少々色のちがう太い線がそれである。
板目から見ると同じ物か少々色のちがう 細い線に見える。
材質としては重硬で割裂しにくく、固い分、加工がやや困難です。
材の乾燥方法に、天然乾燥と人工乾燥があるが、ミズナラは日本産材の うちでもっとも難しいもののひとつ。
用材として大変優れている事から、 家具や生活用品としてのお盆や皿等の器物から額やペンシルケ-ス等の スティショナリ-まで幅広く利用されている。
建築においては、フロ-リングや ドア等の造作材として活用されている。
日本のミズナラに近いものが、英国や アメリカ北部に多く見られるオ-クで「森の王様」と呼ばれ、古くから船舶、 家具の好材料として、欧米の人々の生活に深く根差した木である。
世界的に 日本のミズナラは良材とされ、明治時代にはその多くがヨ-ロッパに輸出されていた。
漢字で書くと水楢で、別名をオオナラと呼ばれる。
写真 写真
樹形
写真 写真
表皮
写真
和寒の巨木 真駒内南小学校のミズナラ北海道札幌市