0102.マコレ


解説
 アカテツ科。常緑高木。西アフリカ一帯に分布する。
環孔性散孔材。高さ25m、直径1.5m。幹は通直。
 心材は紅色から紫褐色、暗赤褐色。辺材は淡紅色。
木理は美しく光沢あり、肌目は均質で緻密。
 比重0.64前後。比較的硬い材で、やや割れやすい。
心材の耐久性は極めて大。虫害に強い。
 切削・加工は容易であるが、刃物を鈍くする性質があるので注意。粉末は粘膜を刺激する。表面  仕上は良好。美しいリボン杢があらわれるのが特徴であり、硬く光沢がある。
加工は容易だが、粘り  がなく、曲げに弱い。塗装性はよい。楽器、床板、家具表面、内貼りなどに、製材では敷居、ドア  などに停われる。
加工の際、粉塵でアレルギーを引き起こすことがあるので注意が必要。
 牙海岸地方名のマコレ通った名称だが、英国ではチェリ-マホガニ-、米国ではアメリカンチェリ-と  言われる。西アフリカ産。材色は帯紅色から血赤色赤褐色、木り通直で肌目はマホガニ-より細かい。 耐久性で虫害、白蟻に対しても強い良材。ベニヤ、家具材、キャビネット、内装材、床板
木目
写真