0105.ユーカリ

解説
ユーカリ属、ふともも科、広葉樹 コアラがこの葉だけを食べるので有名になった。
オ-ストラリア産。
品種が500種類もあり、変種も含めると1000種を超えるといわれている。
成長は早いが、日本のものは原産地ほどには大きくならない。
また樹木関係の書籍には 100メートルを越すと記載がされているが、実際は過去の測量が出来なかった時代の 話で、現在確認されているものは100メール未満である。
葉に含まれる揮発性の成分は薬用になる。
また葉には芳香がある。
英国では早くからユーカリに着目し、ロンドン市内のボードウォークに利用した。
これは材質が硬く、シロアリや船虫に犯されにくいという性質からであった。
日本では台風による風倒が多い。
辺材は灰白色、心材は紅白色心、辺材の境は不明確で やや黄味を帯びている。木理交錯。肌目はやや粗。材はやや重硬。狂い易い。
土木用材、建築用材、船舶車軸用材、パルプ原料に利用されている。
写真
ユーカリには多くの種類があり、一般的にはもつと葉の細いものである。 この写真は日本万国博覧会記念協会にオーストラリア政府から寄贈されたものを撮った。万博記念公園内世界の森にて98年7月撮影
樹形
写真
表皮
写真